きつねのおやど

抱き枕カバー、嫁枕を製作している同人サークル、きつねのおやどWEBサイト。

« 10月 2022 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

皆様デジクラブさんという印刷所をご存知でしょうか。(Twitter)
多分知らない人が多いと思う。私も小島さんのブライダル邪ンヌで初めて知りました。
先日、このデジクラブさんの工場の見学に行ったのですが、生地だけでなく製造現場もなかなかに見ごたえありました。
色調整、印刷、裁断、縫製、それら全工程が日本工場で完結してます。昇華転写された生地の裁断こそ機械ですが、その後の縫製は人の手でした。これなら某社の抱き枕カバーであった「ファスナー部品の端がほどける」とかは無さそうです。あと従業員さんにウチのユーザーさんが居ました…世の中狭い。ウチの娘も大事に扱ってくれそう。

そんなデジクラブさんで最近開発されました「ライクシルキー」という生地がですね…
ふふ、その、大変…良い感触なのですよ。
現行、殆どの印刷所の抱き枕カバー素材はその伸縮性からよく「水着」に例えられますがこのライクシルキーはちょっと違うのです。
その「シルクのような」の名が示す通り、ライクシルキーは水着よりも高級肌着や下着に近い感触です。シルクのような感触を十分に肌で感じる為には、抱き枕カバーと本体が滑らないように起毛機構が施されている本体を使う必要があります。フレス製本体ならウィズアクア、A&J製本体ならDHR7500ですね。ちょっとハードルが高いかもです。
また、生地への体温の移りが早いです。自分の体温ですぐ人肌になります。これは好みが別れるかも知れませんがこれを感じた時「抱き枕使用時の没入感が増すな」と思いました。

ここまで言っておいてなんですが、今後フレスからデジクラブに鞍替えするのかと言うとそうもいきません。
皆様、これまでの実績から安心して買えるフレス製と…
よく知らない印刷所の、触った事の無い素材の抱き枕…
並んでたら前者買うでしょ。´・ω・)
値段に差があっても前者買うでしょ。´=ω=)
酷い人になると後者を「謎2WAY」呼ばわりして触りもせずダメ出しするでしょ。(ノД`)
かつてA&Jからフレスに乗り換えた時にも結構な期間言われてきたことですし、抱き枕は安くない買い物ですからそう思う気持ちもまあ判ります。

そんな訳で、ウチのユーザーの皆様にライクシルキーを知って貰う&触ってもらうために、ちょっとしたキャンペーンを打つことにしました。
サークル通販でもBoothでも、ウチで一番かわいがられているBBちゃんに出張って貰います。
x
この「BBちゃん(ライクシルキー版)」を期間限定で6000円で配布します。

期間はウチのお財布次第です。
そしてこれはお願いなのですが、お手元に届きましたら感想が欲しいです。
特に知りたいのは、以下3つ。
 Q1.今後ライクシルキーの抱き枕が12000円で出て、買う気になりますか?
 Q2.おなじ価格でライクシルキーと従来素材(アクアプレミア)が並んでいたらどちらを買いますか?
 Q3.ぶっちゃけどっちでもいいです?
Q1,Q2は今後製造をどうするかにを決める指針になりますし、
Q3は文言テキトーですがYESなら「品質及第点ならば拘らない」という意思回答になります。

【アンケート結果】(2021年8月3日追記)
200名近くの購入者の方から…50件近くの回答を頂く事が出来ました。
なにせ普段感想なんてくれるの1名いるかいないか。
過去最高でも新作1種に最大3件だけなのでこれはすごい事です。
アンケートに回答くれた皆様ありがとうございます。
でこのアンケート結果…単純な「どっちがイイ?」だけでなく、
実際に使用した感想まで聞いたため…なんとも情報量の多い結果が得られました。
購入者の皆様も、抱き枕サークルの皆様も気になっているのではないでしょうか。

まず、大半の方が同じ回答です。
Q1.今後ライクシルキーの抱き枕が12000円で出て、買う気になりますか?
 →買う
Q2.おなじ価格でライクシルキーとアクアプレミアが並んでいたらどちらを買いますか?
 →アクアプレミア
Q3.ぶっちゃけどっちでもいいです?
 →はい。
回答くれた方の大半をまとめますと…
・イラストが良いものであれば買う。素材の違いは購入の決め手にはならない。
 

・アクアプレミアとライクシルキーの両方が並んでいればアクアプレミアの方が強い。
ただしそれは「実績による安心から」という理由と同じくらい
「これまで使用して馴染んでいるから」という回答が多く、
印象や知名度でなく自分で使った体験から答えを出してるあたり、ウチのユーザーの皆様は流石だなと思いました。

それ以外のコメントでも「なるほど言われてみれば」とうなずくものがありました。
「耐久性は重要な評価項目だが、結果が判るまで2カ月程掛かる。まだ判らない。」
「ファスナー口がちょっと狭い」
「開封未洗濯時の臭いが異なる」
「従来品の方が印刷(線など)がやや綺麗」などです。

【結論】(2021年8月4日追記)
アンケート結果から得られる一番の結論は「素材や印刷所よりも大事なのはイラスト」です。
素材や印刷所選びよりも、絵師様にどんな絵を描いて貰ったらより幸せ抱き枕になるかの方が大事です。
いやもう全くその通りで反論の余地がねえです。;´=ω=)
素材&印刷所選定の為のアンケートから得た結論がこれではあまりにミもフタもないので、ここでは目を逸らします。´・ω・)
コレ論文なら再提出&全書き直しモノですな。

気を取り直して「ライクシルキーかアクアプレミアか」ですが…
両者の素材としての品質に大きな差がないと言うのが殆どの方の正直な感想です。
ではどちらを使っても良いのか?その通り。どちらを使っても良いでしょう。

これから抱き枕作りを始める方ならば、ライクシルキー(デジクラブ様)はお勧めです。
詳しい数字は書けませんがライクシルキーはコスト面、再版時製造数などで強いです。
自分の作った抱き枕が再版難しいが為に品薄で、メルカリヤフオクで中古が高値つくのを見るのがイヤならば良い選択と言えます。
低い再版ハードルを明らかにすることは「ウチは美味しくない商材だからあっち行け」という虫除けになる事でしょう。

ウチのようにファン(固定客)を得ているサークルなら、ライクシルキーに限らず他素材に変えるのはあまり得ではないです。
多くのユーザー様が従来品に馴染んでいますから、素材を変えられるのは「上位互換」と言えるものが出た時だけです。
コストはモノづくりの大きな要素ではありますが、ファン(固定客)と天秤にかける重さは無いです。

web拍手

 RSSリーダーで購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ページ上部に